今日も旅ゆく

好きなもの、思い出すことなど@express_shinano

ラーメンが胃にくる

福岡といえばとんこつラーメンです。 19歳になる年、地元を離れ京都の大学に進学することになりました。4月か5月か定かではないけれど、大学で知り合ったばかりの友達との距離を測りかねながら行った「来来亭」(豚キムチがおいしい)。衝撃でした。なんと「…

富士山の夢と宝くじ

働きたくない。自分でも驚くくらい働きたくない。みんなが感じてる「働きたくない」という気持ちの1万倍は働きたくないです。 仕事の内容は前の職場に比べたら死ぬほど嫌というものでもないし、破滅的なパワハラ人間が職場にいるわけでもないんだけど、マ〜…

参拝に行った話/猿田彦神社と庚申信仰①

福岡の人に限られるかもしれないが、こんなお面を街のあちこちで見かけたことがないだろうか。 我が家も表札の横に飾っているこのお面。災難を避け幸福をもたらしてくれるらしい。庚申祭の行われている日に、福岡市早良区藤崎にある猿田彦神社でいただくこと…

飛んでいった酉年を振り返る

結局1年更新できずに終わりました。家と職場の往復の記憶ばかりの2017年ですが、昨年同様自分のためだけに1年を振り返ります。 【1月】 ・「よく働く無能」を絵に描いたようなゴミ先輩に絡まれながら仕事 【2月】 ・「よく働く無能」を絵に描いたようなゴミ…

去る年を振り返る

申年が去ります。 100万人くらいに使い古されたネタだとは承知しつつもこの言葉をとにかく口にしたかった。申年が去るのです。 無職で迎え、仕事に追われて終わろうとしている2016年を簡単に振り返ります。 【1月】 ・無職で年明け。社会人になって途絶えて…

散る桜の話

桜も盛りを過ぎ、散り始めている。 今年はお花見らしいお花見もできなかった。お花見は好きなので悔しい。 お酒を飲んで桜の下でゆっくりと時間を過ごす、そんな贅沢をしたかったが、この楽しみは来年まで持ち越すこととなった。 花見に関して、西行がこんな…

古典文学に見える地名~京都深草の地から

大学入学を機に、福岡から京都へと引っ越した。 引っ越してきた当初はまず、京都市内に存在する神社仏閣の数に驚嘆し、寺町・新京極といった繁華街の中に錦天満宮や蛸薬師堂、誠心院が当然のように紛れていることに新鮮さを感じた。 「歴史都市」京都を堪能…

新宿駅の話

東京に行くのは約7年ぶりだった。 7年前は新宿駅を母と二人で彷徨い、西口では目が死んでいるサラリーマンの波に飲まれた覚えがある。 新宿駅がいかに複雑かということを、当時は全く理解しないまま丸腰で挑んだため完膚無きまでに敗れた。駅員さんに3回…

10代最後の余裕のないクリスマス

10代最後のクリスマスを、わたしは浪人生として迎えた。間近に迫るセンター試験のせいで焦燥感に駆られている時期だった。 周りの友達もみんなナーバスになっていて元気がない。自習室では浪人生が一人発狂して倒れた。救急車も来て大変な騒ぎになった。怖か…

ブログ挫折遍歴

ずっとブログがしたいしたいと言っていた。今年の抱負にも「仕事外の時間も充実させて趣味のブログをたくさん更新したい!」ということを挙げていたと思う。それから約一年経った。仕事外の時間の充実は全く果たされず、精神的に追い詰められて10月末に仕事…