読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旅ゆく

好きなもの、思い出すことなど@express_shinano

ビリーズブートキャンプはじめました

日常

ビリーズブートキャンプ(エリート)を始めた。

 

年末年始で輪をかけてだらしなくなった身体を絞りたいのと、就職で英語が必要になり、ビリーズブートキャンプなら運動もできてリスニングにもなって一石二鳥だと思ったためだ。

 

ビリーズブートキャンプにはこれまで3回挑戦したが、3回とも一日か二日でやめている。

今回こそは達成したい!と、インターネットで方法や評判について色々調べてみたところ、持っているDVDは元祖ビリーズブートキャンプではなく、それより軽めのビリーズブートキャンプエリートというものだということが判明した。

過去3回、こんなキツいの無理と思って挫折していたので「これで軽めか」と思うと眩暈がしたが、まずは始めることが大切だと思い一日目のプログラムに挑戦した。

初日の感想を残しておきたいと思う。

 

①ビリー隊長の掛け声がありがたい

体力がないのでついていくのに必死、ワンモアと言われると意識が遠のきそうになったが、頑張れば隊長が「グッジョブ!」「オーケー!」「イエス!」と褒めてくれるのでやる気が出た。最後の方は「グッジョブ」を聞くために必死に頑張った。久しぶりに褒められた気がする。

 

②後ろの人たちのテンションがひたすら高い

ビリー隊長の「グッジョブ!」の度に「フォーーー!」「イェア!」とみんな欠かさず喜ぶので、見ていて「みんなきつかったんだな…」と励みになる。プログラムが終わったわけでもないのにハイタッチを始めたりめちゃくちゃ叫んだりとリアクションが激しいので見ていて面白い。

 

③やはりキツい

日頃は長時間歩くくらいの運動しかしないので、全身を積極的に使った運動はとてもきつかった。終わってすぐ二の腕と太ももが痛くなった。明日以降の筋肉痛が恐怖だ。

 

④英語がまったく聞き取れない

「ライト」「レフト」「ダブル」「グッジョブ」「オーケー」「イエス」以外、ビリー隊長が何を言っているのかさっぱりわからなかった。画面の向こう側に一生懸命話しかけているので、こちらは勝手に励まされていると思っているがけなされている可能性だってある。

クールダウンの後、後方の人たちと肩を組みこちら側に熱く語っていたのも何を言っているかわからなかったし、汗をかいたままみんなでハグをはじめたのにも驚いた。汗をかいている他人とそのままハグはできないなベタベタやんけと思っているうちにプログラムが終わった。

日本語吹き替えも字幕もないバージョンのDVDのようで、このカスのような英語力だとビリー隊長のアドバイスもメッセージもわからないまま一生を終えていくことになりそうだ。

 

 

初日でテンションが上がっているせいもあって一か月続けられそうな気がしているけれど、いつものことでそんなに長くは続かないと思う。

まずは1週間無料お試しセット。

途中経過や結果をまとめられるような成果を上げられたらいいなと思う。

 

英語は英語で本腰を入れて学習していかなくてはならないと頭を抱えている。

今までも特に英語が得意だったわけではないが、2年弱のブランクで今まで持っていたはずの知識がまるっと抜け落ち(当たり前)一からのスタート。気が遠くなる。

ビリー隊長の言っていることがわかるようになるまで頑張りたい。